日本の幼稚園年齢で4歳半未満の子供さんの場合は、現地のKindergarten(キンダガーテン)年齢、4歳半~5歳半の子供さんはPre-Primary(プリプライマリー)年齢(小学校入学前の準備教育学年)になり、Kindergarten年齢の子供さんの場合は子供さんだけを留学させることはできないですが、Kindergarten年齢の子供さんが学生ビザや学生ガーディアンビザの扶養家族としてオーストラリアに同行する場合には、子供さんをKindergartenに入園させることは可能です。

公立のKindergartenは2週間で5日間と決められていて、時間割は学校によっても違いますが、例えば、月曜と火曜で2日間、加えて金曜日の午前中のみで合計週2.5日という場合もあれば、隔週で、1週目が水曜と木曜の2日間、2週目が水曜と木曜と金曜の3日間という場合もあります。幼稚園のない日も子供さんを預けたい場合は、保育園に預けることもできます。

4歳半~5歳半の子供さん(日本で言うところの幼稚園の年長さん年齢の子供さん)の場合は、誕生日にもよりますが、豪の小学校入学前の準備教育として、Pre-Primary プリプライマリーに通うこともできます。プリプライマリーの場合には、小学校の空き状況により、観光で短期3ヶ月間の留学をすることも可能です。

子供さんが学生ビザの主申請者として留学する場合には、学生ビザの申請年齢が6歳以上となっていますので、小学校1年生の年齢でも、6歳未満の場合には学生ビザの申請ができません。よって、6歳未満の子供さんの場合は、プリプライマリーでも小学校でも観光ビザで最高3ヶ月(1ターム10週間)までの留学となります。