子供さんが学生ビザの主保持者として公立小学校へ留学する場合は、入りたい小学校の希望は出せますが、学校の定員状況や校長先生の判断に委ねられるので、その小学校へ必ず入れるという保証はありません。また、保護者の扶養家族として子供さんが現地の公立小学校へ通われる場合は、渡航後、滞在先が決まってから、その校区あるいは校区になるべく近いところで受入可能な小学校が決まるので、通常は入りたい小学校の希望は出せません。但し、どちらの子供さんの場合でも、集中英語コースが必要とされた場合には、集中英語コースを開催している小学校で受入可能な学校があれば、優先的にその学校が選ばれることになりますが、英語コースに通うクラスの定員の状況にもよりますので、必ず英語コースのある学校に通えるという保証はありません。